デート

仮交際から真剣交際へ行くまでに確認しておきたいチェックリスト

見極めチェック項目

真剣交際に入ると結婚までトントン拍子に進むこともあれば、まさかの突然の振り出しに戻ることもあります。
仮交際のうちに次の内容をある程度確認しておくと、その後に大どんでん返しをくらう確立を下げることができます。

過ごしやすさの確認

  • 敬語を使わなくなり、お互いに下の名前やニックネームで呼び合えているか?
  • 電話やLINEの連絡は、ほぼ毎日できているか?
  • 疲れている時や忙しいときでも相手に「会いたい」と思えるか?
  • 相手発信の連絡頻度が増えたか?(男性のみ)
  • 週1回以上デートができているか?
  • 相手の体臭が不快に感じないか?
  • 手をつないで自分の気持ちを確認する?(女性のみ)
  • その人と一緒にいる自分が好きか?
  • 相手の気になる点があっても、長所でカバーできていると思えるか?
  • 相手の失敗を許すことができるか?
  • 感謝の気持ちをお互いに伝えることができるか?
  • 一緒にいて居心地がよいと感じるか、素の自分を出せるか?
  • 自分が「して欲しい」だけでなく、相手に「してあげたい」と思えるか?

将来像やバックグラウンドの確認

  • 2人の将来を話せているか?
  • 結婚後のライフプランについて話し合えているか?(どんな結婚生活にしたいのか)
  • 子どものことについて話し合えているか?(いつ欲しい?、何人ほしい?、生まれなかったらどうする?)
  • 住まいのことについて話し合えているか?(賃貸か一軒家?、どこに住む?、ローンは?)
  • 借金の有無について打ち明けられているか?
  • 家族や親戚との関係について話し合えているか?(両親はどんな仕事?、定年退職をしたのなら今は何をしている?、兄弟は何をしている?)
  • 両親との同居について話し合えているか?
  • 宗教について話し合えているか?(集会への参加の頻度は?、家族も信仰している?、結婚後に自分や子供も入会しなければいけない?)
  • 持病について打ち明けられているか?(どんな病気?感知する可能性は?遺伝する確率は?

完璧にクリアするのではなく7割を目標に確認

特に将来像やバックグラウンドの確認は悩ましいことが多いです。
・最初に知っていれば付き合わない。
・付き合ったからこそ人柄を知って許すことができる。
・後だしで言うなんて酷いと言われた。
・打ち明けてみたものの大したことではないと全く気にしていなかった。

人それぞれ反応は違います。
どれが正しいというものではありませんが気にする人は気にするので真剣交際になる前には打ち明けられると良いでしょう。

一度に全てを確認するのは止めましょう!

確認すれば安全という理由で、一度に全てを確認するのは止めましょう。
付き合い始めにしては重い内容も多く含まれております。
マリクションではどのように確認していけば不快感なく聞く事ができるかもご提案しております。

友だち追加
ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます