結婚経験しませんか?
お役立ち情報

お見合い時のやってはいけない質問

何気ない発言や行動であなたの印象を悪くしたり、お相手を不快な気持ちにさせているかもしれません。
お見合いでは十分に気を付けてください。
結婚相談所のお見合いにおける相手に対してやってはいけない質問をとりまとめました。

お相手の相談所や活動状況についての質問

  • あなたの相談所はどちらですか?
  • 料金は?サービスは?仲人さんはどんな人?
  • 結構相談所に入ってどのくらいですか?
  • 今までに何人くらいお見合いをしましたか?
  • これから何件お見合いが控えていますか?
  • 今、他に交際していますか?今まで交際は何人としましたか?

お相手の相談所情報や活動状況について触れないのがマナーです。

プライバシーに踏み込む内容

  • なぜ相談所に入ったのですか?
  • 相談所に所属しないといけないほど、出会いがないのですか?
  • なぜ今まで結婚しないでいたのですか?
  • 相手に対する条件が高いのではないですか?
  • どうして前のパートナーと別れたのですか?
  • フルネームの確認。名刺の受け渡し。住居番地、最寄り駅名、勤務先についての詳細すぎる質問

人にはそれぞれ色々な事情があります。初対面で過去の恋愛経験について詮索するのは得策ではありません。
ご本人同意の上でのフルネーム交換であればOKですが、無理に聞いてはいけません。
お見合い時の当人同士での連絡先交換はルール違反です。

唐突すぎる質問・自分本位な態度

  • 子供は何人くらい欲しいですか?
  • 年収は?貯金はどのくらいですか?(お金に関することばかり)
  • 僕が転勤したらついて来てくれますか?
  • 将来は田舎に帰ってご両親と同居する予定ですか?
  • 自分の話しかしないで自慢話ばかりする。
  • 着席後すぐに、質問状を見せられ回答を求める

自然な会話の流れであれば問題ありませんが、唐突で自分本位な質問は、ガツガツした印象を与えてしまいます。
自慢話はほどほどにしておきましょう。聞かされている相手の立場になることが重要です。

容姿・セクハラ的発言

  • ふくよかですね。胸が大きいですね。
  • プロフィール(写真)と全然違って老けてますね。
  • 背が低いですね。

セクハラ行為は厳禁です。特にボディータッチはセクハラ行為と受け取られることがあります。
また、容姿や体型に関する発言はお相手がコンプレックスを抱えていることもあるので控えた方が無難な場合があります。

やる気のない発言・つまらなそうな態度

  • いい人がいないから仕方なく妥協しました。
  • お見合いを早く切り上げたいような言動。「もういいですよね。1時間経ちましたよね」
  • 何も話さない、無表情、無反応
  • プロフィールを見ながらのお見合い。(スマホ・タブレット・紙など)

お見合い前に必ず相手のプロフィールを確認しておきましょう。
相手の方を向いて話をしましょう。

具体的なNGのまとめ

せっかくのお見合です。全ての出会いを無駄にしないようにしましょう。
結婚生活に相手を思いやることは必須です。お見合いは人として成長するチャンスであり相手を理解する為の第一歩です。

①会話を遮らないで最後まで相手の話に耳を傾けましょう。

→自分の話を聴いて、理解してくれる人である印象を持たせましょう。

②緊張しても笑顔は忘れない。

→緊張は相手にも伝わります。笑顔によってほぐれてきます。

③共感姿勢と関心を示す。

→相手の感情を拾うことで、会話がはずみます。自分と共通点を見つけることに心がけましょう。

ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます