お役立ち情報

男性が女性に求める条件~モテ女になる為の秘訣~

常に美しくありたいというのが女性という生き物・・・。美人であればモテるのは事実ではありますが、だからといって結婚に直接結びつくかどうかはまた別のお話。美人は確かに第一印象は良いですが、その先が続かないことも?では、美人でなくてもモテる条件とは何かまとめてみました。

女性の自立性

女性の自立性として意識した方が良いのは「経済的自立」と「精神的自立」の2点です。

経済的自立

収入が多い男性ほど「自分の収入を当てにされたくない」と考える男性がほとんどです。
その為、「年収を低く記載して頂く事はできますか?」と、質問を頂く事もあるくらいです。
男性からしてみれば、「猫を被ったお金目的の女性と結婚したくない。」「自分のことを大切にして欲しい。」「自分の稼いだお金は自分で自由に使わせて欲しい。」という理由があるからでしょう。
しかも、年収が低い男性はもちろん、高収入の男性であっても一生安定して仕事を続けられるどうかは疑問です。
突然の病気や事故もあるかもしれません。家族として考えた時に、お互いに経済的に自立していれば助け合いができて安心感があります。
このことからも経済的に自立している女性を魅力的に感じる男性が多くいる事を理解しておかなければなりません。

そこで男性が交際中に評価してしまう女性のポイントは次の2つです。
①「食事後の会計で財布を出すかどうか」
②「実家暮らし」

食後の会計で財布を出すかどうか

財布を出さない女性は、男性がご馳走してくれることを当然のように考えていることがあからさまに伝わります。
男女平等のこの世の中で、自分と同世代であれば同等の給料をもらっているはずです。
仕事や職業、地域により差はあるかもしれませんが、奢ってもらうことが当たり前と考えている女性は、がめついとか卑しい女性と思われてしまっても仕方のないことです。
男性がご馳走したくなるくらい楽しませることができれば話は別です。
経済的に自立しており、自分の分は自分で払うよう率先して割り勘を申し出る女性は男性にとっても謙虚で好印象なイメージとなります。

婚活で良くある食事後の会計論争については別途記事があるため参考にして頂ければ幸いです。

食事後の会計でご馳走する男性、ご馳走しない男性デートでの食事の会計で男性が奢る、奢らない論争は常日頃SNSなどでも話題になっています。女性の方は男性の言い分をそれぞれ理解して自分の中で落とし込んで立ち回る事で婚活もスムーズになるかもしれません。...

マイナスイメージの実家暮らし

結婚を意識している男性こそ女性の金銭感覚をチェックしています。
実家暮らしの女性は身近に両親がいる分、家事全般の意識が低いと考えてしまう男性が多いです。
「女は家政婦ではない」と思われる女性も多いことかもしれませんが、実家暮らしの女性は、その話以前に炊事や洗濯など家事全般にどのくらいのお金と時間がかかるのか実感の湧いていない女性も少なからずおります。

考えてみよう!
・生活費の実態をしっかり掴んでおりますか?
・家事にどのくらいの時間を割かれるかイメージできますか?
・自分の趣味の時間が削られた時などイライラしたりわがままになったりしませんか?

実家暮らしの女性は、家事や家計のやり繰りを考える必要性がないことから、自分の趣味に没頭し、自由にお金を使っていたのでは?と印象を持たれやすいです。趣味に対するお金の使い方については自重してPRすることが大切になります。

精神的自立

親や友達の考え方に依存しない

一人娘であると親御さんが過保護になっていることも多く、子離れ・親離れが出来ていない事も多いです。
なんでも親御さんに相談して意見を求めていたりはしませんか?
親御さんに相談するのも良いですが、自分の幸せが親御さんの理想に上書きされてしまうこともあります。
親御さんの言う事を聞くのは親孝行の一つでもありますが、二人の生活は二人で考えて調和を図っていかなければなりません。
二人で決めた事は二人にとっての最善の選択のはずです。
親御さんの意見は身内であるあなたの利益や親御さん自身の利益が最も優先されがちになることから、時にはパートナーのことを悪く言うかもしれません。
二人で親御さんをコントロールしていくことが重要です。
その為にはちゃんと親御さんの意見に左右されずに一緒に物事を考えてくれる女性は男性からも好かれます。
親や友達の考え方はあくまでも参考で自分の意見を持って調和を図るようにしていきましょう。

癒し・穏やかさ・女性らしさ

最初は男性も見た目や年齢を気にする傾向が強いですが、成婚が近づくにつれて、「落ち着ける家庭」を意識してきます。
趣味や仕事をバリバリやっている女性も魅力的ですが、仕事から家に帰った時に「ほっ」と、できる家庭を求めている男性が多いです。
「おかえりー」と、笑顔で明るく迎えてくれる家庭を望んでいる男性が多いので意識してみると良いでしょう。
女性らしさのイメージとして「おしとやか」「お嬢様チック」「あざとさ」などのイメージが浮かびやすいかもしれませんが、男性が求める女性らしさとは、これらだけとは限りません。
男性は恋愛ではドキドキを求めますが、結婚を意識すると癒しとして落ち着けるパートナーを求める傾向が強くなるのです。
銀座クラブのママがそのようなポジションだったりします。
決して綺麗なだけが取り柄ではないという事です。

女性としての雰囲気

相談所によっては「ロングヘアーにピンクの洋服、ワンピースを活用しましょう!」など、見た目から指導しているところもあるくらいです。
見た目を強制的に演出することで温かみのある女性としての特有の「雰囲気」を強制的に生み出すこともできます。
ボーイッシュな女性でも、笑顔で明るさや柔らかさのある方は、交際も続きます。
逆に、どんなに綺麗でおしとやかであっても、笑顔の少ない感情表現の少ない女性は真剣交際へ進みにくいです。
何かしらのギャップから可愛らしい雰囲気があると感じると男性は気になるようになります。
女性としての雰囲気づくりを意識することで美人でなくともモテたりするのです。
そのことからも「気配り」や「笑顔」は女性らしさの雰囲気を生み出す上でも重要なテクニックにもなります。

雰囲気を出すテクニック例
・笑顔
・気配り
・感情表現(手を振るなどジェスチャー)
・マメな連絡
・服装のセンス

男性をヒーロにさせることができる女性

女性の自立性の項目がボリュームとして多くはなりましたが、最終的には男性をヒーローにさせることができる女性はモテるし、幸せになることができます。
癒し・穏やかさ・女性らしさ、雰囲気などは男性があなたと接する上で頑張る為のきっかけとなり、自立性は付き合いだしてからのあなたの常識度や行動の在り方の参考になります。
女性は学歴で男性のステータスや常識度を測る人がいるように、男性は自立性から女性の常識を無意識に測ろうとするのです。
だからと言って自立し過ぎている女性で、甘えるのが下手な女性からは、男性は去っていきます。
男は頼られることを嬉しく思うし、必要とされたい気持ちがあるのには女性とかわりありません。。
だからヒーローにさせてくれる女性や自分を必要としてくれる女性に対して面倒見が良かったりします。
男性をヒーローにしてみることに意識を向けてみましょう。

Marictionではこのようなお話もさせて頂いております。
お気軽にご相談ください。
ご予約

ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます