お役立ち情報

恋活と婚活の大きな違い《女性編》

横浜(神奈川)、都内、静岡を中心に全国の婚活をサポート。結婚相談所Mariction(マリクション)の小林です。
恋愛と結婚は別物とは言いますが、皆さんはどのように結婚にシフトしていますか?特に女性の多くは25歳、30歳、35歳で結婚に対して特に意識が強くなるのではないでしょうか。今回は恋活と婚活の違いをテーマに記事にしてみました。

友達の結婚ラッシュと妊娠による焦り

女性は20代前半では「彼氏が欲しい~」から25歳の友人達の一次結婚ラッシュを体験すると「結婚したい」に変わり始めます。30歳までが2次結婚ラッシュとなり、35歳くらいになると出産を視野に結婚の3次ラッシュが始まります。
女性は男性に比べて出産を現実的に捉える分リミットを設けることができます。35歳以上になると高齢出産と呼ばれるようになり、妊娠時における流産の発生や赤ちゃんのダウン症リスクが高まることが報告されています。だからこそ危機管理が出来ていたりします。

恋活をしたいのか婚活をしたいのか

寂しさを紛らわすだけであるならば恋活でも良いのかもしれません。しかし、どうせなら将来を見据えた相手とお付き合いをして結婚したいと考えるのは至極当然ではないでしょうか?昨今の日本では政略結婚も減少し、自由恋愛がほとんどです。恋愛をして好きな相手と結婚したいと思うのは当然だし、でなければ結婚したくないと思うのも至って普通です。
しかし、恋人としては付き合っても良いけど、結婚したい相手とは思えないこともしばしばあるのではないでしょうか?
特に金銭面や女性にだらしない男性は結婚相手にしたくないと思う女性もほとんどのことでしょう。

恋愛・結婚の違いによる彼女の選び方

結婚で求める相手と恋愛で求める相手の違いを書き出して理解することをお奨めします。

女性の彼氏の選び方10選

・優しさ
・包容力
・経済力
・面白い人
・刺激がある
・気前の良さ
・友達に自慢できる
・浮気しない
・マメな人
・身長が高い人

それぞれ「恋人にしたいタイプ」「愛人にしたいタイプ」「旦那さんにしたいタイプ」の3つに分別できる要素がありましたがおわかりになりましたか?

実はこの中では結婚相手に相応しい「旦那さんにしたいタイプ」の要素がまだまだ不足していたりします。
是非とも結婚相手にするなら下記の要素がある男性も視野に入れると良いかもしれません。

・健康(精神的・肉体的)
・家事ができる
・思いやりがある
・聞き上手
・一緒にいて落ち着く

重要事項として全てが揃っている必要はありません。むしろ求める欲望はすらすら次から次へと出てくるのではないでしょうか?
人それぞれ求めるこだわりが異なっているはずです。あなたの譲れないポイントとして3つくらいに絞れると良いです。
多くを求めると中々婚活が進展しません。

結婚は当事者間だけでなく親族が関わる

恋愛と結婚の大きな違いは、当事者間だけでなく、お互いの親族が関わってくることにあります。

嫁としての嫁ぐ覚悟

近年の結婚は多様化により夫婦別姓も増えてはきておりますが、一般的には苗字は嫁ぐ家系のものになります。今までの馴染みの苗字を失う事は自分の両親から切り離されたような気持ちになり、女性としては寂しい気持ちになるのではないでしょうか。感傷的な気持ちに浸りたいところではありますが、嫁として嫁ぐという覚悟もしっかり持たなくてはなりません。

家庭による文化の違い

家柄がしっかりした家系の方や長男と結婚される場合、細かいしきたりがあるかもしれません。玉の輿を狙う場合は楽ができると考えるのではなく、このしきたりを守って行く覚悟があるかが重要になってきます。
ご家庭により文化が異なります。だからこそ、花嫁修業がある場合があります。
花嫁修業は相手の家に出しても恥ずかしくないようにという意味と、料理などでは各家庭の味を守る継承も含まれている場合があります。
もし、結婚する前に家に帰ってくるようにというご両親の言葉があった際には、何か継承ごとがあるかもしれないと心構えを持つようにしましょう。
嫁・姑問題とはその両家の文化を慣らすために生じる摩擦です。恋愛感情だけでは乗り越えらえない問題が出てくることもあるかもしれません。
彼氏として付き合っているだけではあまり気にする必要はないかもしれませんが、結婚を意識するのであれば家族背景や環境を少しずつ情報を集めるようにしましょう。

婚活の進め方

女性は周りの結婚で取り残される不安や、出産を考えた上でのタイムリミットで焦って婚活をスタートすることができます。気持ちは若いままでいたとしても20代の時と30代になった時では男性からの見られ方が変わります。もちろん女性も社会を経験している分、男性に対して経済面などシビアになる傾向があります。いつまでも自分の市場価値が20台と同じではないことを自覚しつつ、相手を選び、選ばれるようにならなければなりません。
結婚は2人だけの問題ではなく親族も関わってきます。結婚して歩み出すには、意外と相手だけではなく家庭環境も理解してお付き合いすることが大切です。ここまで読むと、なんだか結婚は面倒くさいように感じてしまわれたかもしれませんが、あなたの望む幸せとは何かを考えて婚活することが重要です。

 

結婚相談所Marictionの小林はキャリアコンサルタント国家資格を保有しております。
製薬会社のMR時代には不妊治療薬の営業もしたことがある為、仕事や将来のライフプランも含めたご相談も賜ることが可能です。
女性で中々出会いの無い方や、隙間時間で婚活をされたい方はまずはご相談ください。

↓無料相談の予約はこちら
ご予約

恋活と婚活の大きな違い《男性編》

恋活と婚活の大きな違い《男性編》横浜(神奈川)、都内、静岡を中心に全国の婚活をサポート。結婚相談所Mariction(マリクション)の小林です。 恋愛と結婚は別物とは言いますが、皆さんはどのような基準で結婚相手にしたいと決めることができますか?男性の多くは30代になってようやく結婚を意識します。今回は恋活と婚活の違いをテーマに記事にしてみました。...
ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます