お役立ち情報

婚活が上手くいかない人の4つの特徴

東京(都内)、横浜(神奈川)、静岡を中心に全国の婚活をサポート結婚相談所Mariction(マリクション)です。
婚活に苦戦している人の共通点をご紹介。問題があるにも関わらず原因を追究せずに闇雲に婚活をしても時間を浪費するだけです。時に自分と向かい合って何が問題であるか明確化して改善することが結婚の近道になることがあります。ご自身と照らし合わせてみてはいかがでしょ?

婚活が上手くいかない人の特徴

婚活が上手くいかない人の特徴を4つにまとめてみました。

  • 相手を評価してしまう人
  • 自分を素直に表現できない人
  • 自立していない人
  • 結婚できない理由や言い訳を探す人

 

相手を評価してしまう人

合コンやパーティー、アプリやお見合いなど相手と出会った時に、自分のこだわりに対して意図する行動をしてくれるかどうかで評価してしまう人は婚活に苦戦します。
下記のような評価項目を作っていませんか?
・まずは見た目が自分好みであるか?
・質問に対して自分の好ましい回答ができるか?
・気配りは出来ているか?
・仕草で気になる点は無いか?
・会話は面白いか?

時に加点されることもあるかもしれませんが、基本的には減点方式で評価してしまっておりませんか?
悪い所に意識を向けていると、悪い所ばかりが目につくようになります。
良い所があったとしても、悪い所を探している為、良い所の印象が薄れてしまいます。
これまで、なかなか合格点に達する人物と出会うのは難しかったのではないでしょか?
出会った後に、「今日も良い人ではなかったなぁ」で終わっていたのではありませんか?
良い所や共通点を中心に探すことで人の見え方が変わってきます。

自分を素直に表現できない人

自分を素直に表現できない方とは、普段の自分を偽ってしまう下記のような方々です。
・相手から気に入られようと自分の望みを抑制する人
・他人の意見に振り回される人

相手から気に入られる為の最低限の気配りはマナーとして大切なことですが、気配りが過剰になって相手に尽くし過ぎてしまう方も中にはいらっしゃいます。
幸せになることが、嫌わないことに変換されてしまう方は、婚活疲れを起こしやすくなります。
自分の直感よりも友達や親の言うこと、How to本など誰かの経験則を鵜呑みにしてしまうことも危険です。全てがその通りに物事が進む訳ではありません。
この項目は婚活疲れを深堀して、別途テーマに上げていきたいと思います。

自分を偽ってしまう人と婚活疲れ横浜(神奈川県)、都内(東京)、静岡を中心に全国の婚活をサポート結婚安定所のMarictionです。相手から好かれたいが為に猫を被ったり...

自立していない人

独り暮らしをしたことのない方は生活費のやり繰りのイメージを持てていない方が多いです。その為、女性ではやけに男性の年収にこだわっている方が多いです。一方、男性では親御さんが家事をしてくれていたこともあり、女性は家事をしてくれるものと勘違いしていることもあります。
・相手を選ぶときに相手の年収に期待していたりしませんか?
・相手の事を自分が一番知っているはずなのに、いちいち誰かの意見を聞いていたりしませんか?
・甘えさせてくれたり、わがままを聞いてくれる相手を求めていませんか?

結婚をスムーズにされる方は相手の年収をさほど気にしておりません。なぜなら、稼いでいる人が主軸になれば良いと考えることが出来るからです。
そもそも、資産形成については二人で話し合って決めていく事が重要です。それぞれが、効率良く立ち回ることで生産性は上がります。効率化を目指すのか二人で過程を楽しむのかによっても生活スタイルは異なります。一人で勝手に思い込んでイメージしている人は致命的です。
自立していない方は、相手に頼ろうとします。その為、自分にとって都合の良い相手しか興味を示さなくなります。パートナーを金づるや家政婦のように考えてしまう方が多く、都合が悪くなればフォローアウトしてしまったり、世間体ばかりを気にして自分の判断で行動を起こすことが苦手な方が多いです。
自分の物差しを持ち、相手と支え合う事ができるようになると良いですね。

結婚できない理由や言い訳を探す人


結婚できない理由や、できていない理由を自分以外の何かに言い訳する人も婚活で苦戦する傾向があります。
相手が悪かった・・・。職場が悪かった・・・。タイミングが悪かった・・・。
→相手を選んだのもご自身です。
→職場以外でも行動次第で出会いはあります。
→タイミングは自分で見計らうものです。
自分の力や行動次第で乗り越える事が可能であるにも関わらず、言い訳を探してしまう方は気を付けた方が良いでしょう。
自分のプライドを傷つけないために言い訳を探したい気持ちも分からなくもありません。
しかし、自分にも原因がある事を認めることが出来ない方は、いざパートナーと生活をして喧嘩をした際に、自分の非を認めることができないと思われてしまいます。
言い訳ばかりをする方は、お付き合いをしている時点で相手からモラハラモンスターであると判断されてしまう可能性があるということです。
自分自身の考え方や捉え方にも問題があるのです。
気が弱いだけで過去のトラウマからインナーマインドが負けてしまっている方も残念ながら他人からは違って見えてしまうこともあります。
自分の非を認めることができる方やどうしたら結婚できるかと問題を発見し、改善できる方は結婚もスムーズです。

婚活をよりスムーズにしていくには

人は五感によって物事を感じることができ、過去の経験則から判断します。
ある程度歳を重ねると過去の経験則に固執してしまう傾向が強くなります。婚活の場合は自分の好きなタイプを過去の恋愛に当てはめてしまうところからはじまります。お見合いして当たり障りがなく、自然体で居れることに対してどのように捉えるかが重要です。
初対面であるにも関わらず自然体で居れたことに「凄く良かった」と捉えることができるか、「物足りなかった」と捉えるかは人それぞれです。
友達であれば凄く良い関係になる可能性を秘めているはずなのに、恋人や結婚相手としては可能性すら消してしまう。
トキメキを求めているのであれば、トキメキを得られる相手と出会うまで行動をし続ける努力すら見受けられないこともしばしばあります。
婚活の成功には「捉え方の見直し」と、「行動に対する努力」が重要なカギとなるのではないでしょうか。

Mariction(マリクション)では、婚活を進めるにあたり、二人三脚を歩む事を意識しております。
お相手の行動やご自身の行動に第三者としてどのように感じるかお気軽にご相談できるよう努めております。
もしも、ご自身が婚活に苦戦していると感じていらっしゃるのであれば、まずはご相談下さい。

無料相談のご予約はこちら
ご予約

ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます