お役立ち情報

収入が多い女性ほど婚活に苦戦する理由

女性の社会進出と共に婚活に苦戦する女性も増え始めており、実は収入が多い女性ほど婚活に苦戦していることが分かってきております。今回は収入が多い女性ほど婚活に苦戦する理由をまとめてみました。

収入と未婚率の関係

年収別男女生涯未婚率

・男性は収入が多くなればなるほど未婚率が減少しております。
・女性は収入が多いと未婚率が増えており、400万円以上の収入から打ち止めになっております。

年収500万円以上の男性を求める女性達

高収入の女性で婚活に苦戦している方々が口を揃えて仰る言葉が「年収500万円以上の男性か、もしくは自分と同等くらいの金額を稼いでいて欲しい」と、いう言葉です。

年収別男女生涯未婚率のグラフを良く見て頂けば理解できますが、400~500万円以上稼いでいる男性未婚者はすでに女性未婚者と比べても少ないということです。

以前自分のコンプレックスを克服する《収入編》にも記載させて頂きましたが、世帯収入という捉え方ができなかったり、一般的な所得を理解されていない女性は婚活に間違いなく苦戦します。

婚活市場をまずは理解しておく必要があります。
ご自身のポジションはどこにありますか?
望む未婚男性は多く存在してますか?

仕事に生きる女性達

女性は仕事に対して真面目です。
男性に比べて承認欲求も強く、良い評価が得られるなら更に実績があがるよう仕事に専念します。
女性は一般的に視覚的センスも良い為、ロジカルな会話術を身に付けていることで男性よりも仕事ができたりします。
収入が多い女性は、男性と同じ、もしくは男性以上に仕事を消化していたり、責任が科せられた仕事をしていたりします。

責任ある仕事をしているからこそ高収入になるわけですが、その分、「分析力」や「判断力」なども身につけ、相手を評価するようになり始めます。

低所得男性や能力の低い男性に興味を示さない

自分よりも収入が低い男性や能力の低い男性に対して物足りないと感じてしまう女性達。
・会話が弾まなかった・・・。
・ヒモになられても困る・・・。
・自分より収入が低いとちょっと・・・。
収入が低い男性を稼げる男になるよう教育するという概念がそもそもありません。
大統領夫人の多くは「私が、彼を大統領にさせてあげた」と仰る方が多いと聞きます。
成功者の多くは女性の根回しによって成功していた事例を歴史から学んでみるのも良いかもしれません。
完成度の高い男性を求めるのではなくて、ご自身で育てて愛着を得られると相手をより好きになれるのではないでしょうか?
高収入の女性は最初から完璧な男性を求める方が多いです。
そんな男性はそもそも既に結婚しております。

高収入の倍率が高い男性ばかりにお見合いを申し込む

高収入の男性は普通に人気があります。
年収1,000万円クラスの40代男性で清潔感があれば、それこそ20代~30代の女性からも申込が殺到します。
高収入の男性は女性を選ぶ立場になっている状態であることを忘れてはなりません。
高収入の男性が求める女性はどんな女性であるか考えたことはありますか?
別に同じように高収入の女性など微塵も求めていません。
女性として魅力的な人や若くて可愛らしい人、自分を支えてくれる人などに興味を示します。
高収入な男性に選ばれたいのであれば相手にどんなメリットがあるのか自分を棚卸できなくては選ばれることはないと思っておいて下さい。

高所得者同士は対立しやすい

自分よりも優れている相手に対しては尊敬をしますが、ご自身のアイデンティティーもしっかりしている為、意見が食い違うと対立してしまいます。
特に女性の中間管理職の方が揉めている事がありませんか?
更に上の役職を目指すために中には自分を殺している方もいるかもしれませんが、野心があるからこそ自分を殺すことが出来ていたりします。
会社組織で揉まれているからこそ、プライベートでは自分の意見を強く主張してしまう。
むしろプライベートだからこそ、よりわがままになってしまうこともあるかもしれません。
お互いにプライドの高い人同士であれば、折れたくもないし、いつかは会話をすることすら面倒だと考えてしまうかもしれません。

自分の市場価値が上がっていると勘違い

仕事により社会的地位などは確立できているかもしれませんが、女性としての価値は35歳を過ぎると一気に下がります。
表現として良い言葉ではありませんが、男性の多くは35歳以上の女性を選ばなくなってしまう問題があります。
自分の子どもを欲しいと考える男性であれば当然です。
40代になっても気持ちがいつまでも20代や30代のつもりで時が止まっている感覚の女性が多いです。
過去の栄光にすがってか、同世代のビジュアルの良い男性ばかりにお見合いを申し込む方も多く存在します。
女性は同世代の方を選んだとしても、男性は同世代の女性を選びにくいという事を理解しておく必要があります。

そして10歳近く離れた年上から申し込まれた時に嫌悪感を示す方もおりますが、過去の栄光にすがり、30代後半の女性が20代のつもりでいたり、40代後半の方が30代半ばの感覚でいらっしゃることもあります。
年相応の感覚でいらっしゃる方が少ないです。

男性目線で考えてみる

40代の男性も子供が欲しいと考える方は35歳以下の女性を選びたがります。
50代の男性も同じです。
高所得な女性は1人で生きていく事ができる為、40代に差し掛かると婚活を諦めてしまう事が多いです。
独身男性の投げやり思考に寄ってきます。
しかし、周りの友人などが子育てや家族の話をすることに対して、改めて結婚を考えるようになるタイミングがどこかでやってきます。
そして再び婚活を始めるなど繰り返すわけですが、歳を取ればとる程、相手にも求めるものが多くなっていたりすることに気付いていません。
若かりし頃よりも相手に何かを求めるわけです。
相手に求めるのは良いですが、自分が相手から選ばれるには何が必要で何を捨てなければならないかを考えてみなければなりません。
男性が35歳以上の女性に何を求めるのか?
自分だけの強みを出して、そこが更に魅力的であれば興味を持たれるのではないでしょうか?
まずは自分から男性の目線に立つことも大切です。

婚活は自分が選ぶ立場であると思ってしまうとうまくいきません。
結婚生活は共同生活であってお互いが歩みよるものだからです。
結婚相談所は自分自身の在り方を見つめ直す良いきっかけになります。
無料相談実施中!
相談のご予約はこちら
ご予約

ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます